車をローンで買う

車をローンで買う

車をローンで買う

普通に生活をしていると、車を見ない日はないですよね。
離島でも山の中でも、車とすれ違うと思います。
日本は車社会なのです。
しかし、日本では、税制上、車は贅沢品と見なされます。
車を買うにも、維持するにもなかなかお金が掛かります。
しかし、一言で車と言っても、種類も価格帯もさまざまです。
クレジットカード一枚で買える中古車もあります。
限度額の高いクレジットカードもありますから、カードで新車を買ったことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、だいたいの方は、貯金がたまってから買ったり、ローンを組んで買うことになると思います。
ほとんどの方がローンで購入し、支払いを何年にもわたってしているのではないでしょうか?
実際、日本に車が普及した時期とローンの利用が可能になった時期は同じようです。
ローンが生まれたのは1960年代で、1980年代に当たり前のように普及したようですが、今ではローンの種類は多様化しています。
ローンで買えるものは、車だけではありません。
ローンを提供する金融機関が資金供給をすることで、市場を活気づかせているとも言えます。
しかし、いくらローンを組むと買えるとはいえ、これはあくまで借金です。
金融機関は支払を肩代わりしているのです。
もし返済不能の事態に陥れば、ローンで買ったものを、つまり車を手放さなくてはいけないかもしれません。
もったいないだけでなく、さらに、新たなローンを組めなくなるので要注意です。
そうならないように、利用の際はきちんと計画を立てなくてはいけません。

Copyright (C)2014車をローンで買う.All rights reserved.